【CPAOくらぶ 居場所活動&ごはん会のご報告とご寄付のお礼】

7月11日(火) 、月曜日にお願いを差し上げました、夏休みの緊急食糧とご寄付のお願いに、早速、たくさんの方々がお応えくださりました。世の中、やはり捨てたものじゃありません。ありがとうございました。

また今回も様々な方々と共に昼過ぎから夜まで過ごしました。まだ月半ばにもなっていませんが、すでにお金やごはんが家にないといった子どもや若者。電気代が払えず止まっているといった親子には相談のついでにごはんも食べていってもらったり、また、たまに遊びがてら来る子たちも一緒です。

大家族の中で育ったお母さんは、離婚して現在お子さんと2人。「なんだかとてもさびしくて…。」と話してくださいました。お子さんが他の子たちと仲良く楽しそうにしているのをニコニコ笑顔で見ておられました。

帰る時間になると帰りたくないとその子は大泣き。。ですが、他の子やスタッフ、ボランティアのみなさんらと、「気に入ってくれたのかな?」、「家に帰るとこの子もさびしいのかな、、」など思いながら、「またいつでもおいでや。」と見送りました。

私たちの居場所は誰でも来れる場所にはしていません。子どもたちはいつも知らない人がたくさん来たりすることを望んでいないからです。引き続き、アットホームなコミュニティの中で子どもの育ちをサポートしていきたいと考えています。小さい多様な居場所がたくさんできることを願っています。

みなさま、ぜひご一緒に子どもたちをサポートください。2019年度にはモデルをつくり、「生野子育ち社会化研究会」にて、政策提言もしていく予定です。
https://m.facebook.com/ikunokosodachi/

◇お米や素麺といった食糧のご提供をくださる方は、info@cpao0524.org までご連絡お願いいたします。

◇ご寄付をくださる方は、以下のリンクよりお願いいたします。
http://cpao0524.org/wp/archives/518

夏休みのサポート内容については、以下のリンクをご覧ください。
https://www.facebook.com/cpao0524/posts/1636343556398540:0