【CPAOくらぶ 居場所活動&ごはん会のご報告】

7月13日(木) 珍しく試験の終わった高校生が3時過ぎに一番乗りで来てくれ、4時半になると保育園の子がお母さんとベビーカーでや自転車の後ろに乗り、おばあちゃんに連れられて、5時を過ぎると自転車でスタッフの車でと子どもたちは集まっで来てくれました。

いつもの様にごはんの時間、6時までみな、思い思いに好きなことを好きな場所でやっていました。

今回はその合間に、子どもたち一人ひとりに、夏休みのニーズの聞き取りも行いました。

まだCPAOでお泊まりしたことない小さい子たちも「泊まってみたい!」や年齢があがることに増え、、「10日泊まりたい、毎日ずっとおりたい」とのこと。

冒険部では、海に行きたい、泳ぎたい、魚を釣りたい、海に沈む夕陽を見たいとたくさんしたいことを伝えてくれました。

夏休みに入ったら、テントを建てたり、片付けたり、食事のメニューづくりから買い出し片付けまで、練習をしようということになりました。

夏休みがんばりたいことは、デザートつくれるようになりたい。泳げるようになりたい。家の作りかたを調べたい。ギター弾けるようになりたい。みなで大きな絵を描きたい。友達いっぱいできるようにしたい、すぐにカーッとしないことなど。

来週からの夏休み、子どもたちが大きなケガや病気もなく健やかに過ごせるように、またボランティアの方々やスタッフとで、子どもたちのやりたいことをサポートしていきたいと考えています。

*引き続きのお願いです。
みなさま、ぜひご一緒に子どもたちをサポートください。2019年度にはモデルをつくり、「生野子育ち社会化研究会」にて、政策提言もしていく予定です。
https://m.facebook.com/ikunokosodachi/

◇お米や素麺といった食糧のご提供をくださる方は、info@cpao0524.org までご連絡お願いいたします。

◇ご寄付をくださる方は、以下のリンクよりお願いいたします。
http://cpao0524.org/wp/archives/518

夏休みのサポート内容については、以下のリンクをご覧ください。
https://www.facebook.com/cpao0524/posts/1636343556398540:0