カボチャペーストなどリターンのお申込みはこちらから

たくさんのみなさまのおかげで第1期工事が終了いたしました。
子どもたちや保護者の方々と活用し始めています。

**
第1期工事終了おひろめ会の様子
http://cpao0524.org/wp/archives/4609

第1期工事収支
クラウドファンディング 221人の方より2,189,000円
(*手数料を除くと、1,882,540円)
①資材・道具 193,019 *ご厚意でかなり削減できました!*
②食材・.生活用品 254,933
③交通費(電車やガソリン) 285,041
④人件費(謝金など) 534,864
⑤設備購入など 71,000
⑥その他(消耗品や税金など) 683,514
合計、2,022,371円
(詳細は2019年活動報告書に掲載予定)

*旧拠点だった場所のものをリユースしたり、資材や大工道具、キッチン設備関連などもたくさんご提供いただきました。

**

さらに子どもたちの希望を叶えたり、過ごしやすくするために、はしもとブランチ第2期工事のための資金を募りたいと思います。

「いつでも親子が駆け込める場づくり」は活動当初からの悲願です。親丸ごと「子育ちをサポート」できる環境を2020年を目指しつくっていきたいと、関わる子どもたちや保護者、ボランティアの方々と共にリノベーション作業を続けています。

リターンの不要の方はこちらの寄付ページへ

<具体的な使途>

出会った子ども・保護者のニーズを全力でサポートし、モデルをつくる、上手くいったものは制度につなげる。「活動と運動の両輪」で事業をさらに展開していきたいと考えています。そのためには、さらなる人や場所、サポート費用が必要です。子どもや保護者が困ったときに、いつでも来れる、泊まれる場所を作りたいと思います。具体的には、大阪市で廃止された「子どもの家事業」をイメージしています。

*「子どもの家事業」については以下の記事をご参考ください。
https://www.sankei.com/west/news/130713/wst1307130070-n1.html
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/2014

* 親子がいつでも来れる、シェルターとしても活用できる場所の改装費用を必要としています。
*古い建物であり現場の状況によって変わってくるため、詳細内訳は目安となります。
*通常、リフォームを外注すると、何倍もの費用がかかると思いますが、子どもたちや関係者、今回ご協力くださるみなさんらと一緒に、リノベーションしていきたいと考えています。

支援の背景

現在、子どもの貧困対策として子ども食堂が全国に拡がっています。しかし絆創膏的支援だけでは問題は解決しません。これら民間の居場所や行政・教育にもつながらない子たちがいます。様々な枠から抜け落ちる子に行政は手一杯、民間は手に負えないといった状況。有効な予防策として「親子丸ごとサポート」できる場が必要です。

私たちは、2013年以降、虐待死や心中といった子どもが巻き込まれる「悲劇を繰り返したくない」と走りながら考え続けて参りましたが、悲劇は繰り返されるばかり。2018年3月には、東京目黒区で5歳の女の子が両親からの虐待で亡くなるという事件も起きました。「・・もうおねがい ゆるして ゆるしてください おねがいします」と書かれたメモが見つかりました。たくさんのメディアが報道し、日本中が悲しみに暮れました。

これら事件は氷山の一角です。おなかをすかせたり、寒い、怖い不安な思いをしたり、学校や地域で「くさい、貧乏なやつと遊ばん」など言われ、泣きながら居場所に来る子たちもいます。そして、親も孤育てに苦しんでいます。親を加害者に、子どもを被害者にしないためにも、親丸ごとサポートし「子どもは社会で、多様な人の中で育てる」ことが必要だと考えています。

私たちの活動はすべて制度外、資金は心ある方々よりご寄付として託され、自主事業として続けています。 2018年は活動5周年となり、8月には本を出すことができました。活動は8割以上が心ある方々からのご寄付で成り立っており、みなさまに少しでも還元したいと認定NPOも取得し、さらに活動を深化させるための資金を集めたいと思います。

リターンの不要の方はこちらの寄付ページへ

▼リターンについて
今回、「はしもとベース」の第二期工事の寄付をしていただいた方に
カボチャのペーストを リターンとしてお届けすることになりました!
子どもたちもパッケージの絵を描いたり協力してくれています。
5000円以上ご寄付で1個、限定で40個をご用意させていただく予定です。
発送の予定は10月29日です。
そのほかのリターンも、ご確認の上お申し込みください。

3,000円  ニュースレターのデータ配信
( 年4回・季刊発行 )

5,000円 ニュースレター+本『まずは ごはん』

もしくは、カボチャのペースト

10,000円 
ニュースレター + 本+CPAO支部・リノベーション参加  
( ランチ付き・隔週土曜日開催。複数回参加 )
完成披露パーティーにもご参加ください。

もしくは、カボチャのペースト

カボチャペーストなどリターンのお申込みはこちらから

子ども食堂や居場所づくりをされている方々、子どもの貧困や虐待問題にご関心ある方々と、アイデアや情報を共有したり、様々チャレンジできる場をつくりたいと思います。心ある方々がつながることで、さらなる問題解決のアクションにつなげていきます。