• プロジェクト開始のご報告

コロナ禍による長期休校や外出自粛で家族で過ごす時間が増え、子どもたちに様々な影響が出ています。
小中高生の自殺率は過去最多となり、CPAOでも、家に居場所がない子ども・若者たちの非行や家出などの相談や、サポート依頼が激増しています。
家出の過程で、子どもたちは被害者にも加害者にもなり得る可能性があり、様々なダメージを受けることが懸念されます。

私たちは、コロナ禍の拡大が始まった昨年のゴールデンウィークから、サポートする子どもたちを探しに行き、追い掛けるうちに、大阪や東京の繁華街にたどり着くことになりました。
おとなが「ステイホーム」と家にいる間に、大阪では何十人、東京では何百人と、子どもや若者たちが繁華街に集まる姿がそこにありました。

中には中高生、時には小学生らも、一晩中そこで過ごしていることを知り、関わる子たちだけではなく、その場にいる子たちへのサポートも始めざるを得なくなりました。

何ができるのか現場に通い、彼らの話しを聞くことから始めましたが、簡単な答えはありません。そこで、「まずは、ごはん!」のCPAOですから、子どもたちにごはんを提供することから始めることにしました。

第一弾として、10月30日の土曜日 、歌舞伎町で10代向けの炊き出しを行ってきました。大阪からのスタッフと、東京で集まったボランティアの方々と実施しました。
提供メニューは、ハロウィンに合わせて、CPAO WORKS(CPAOで今年新たに始まった就労支援)に参加するお母さん方が、100食のカボチャや野菜たっぷりのミネストローネと、ソーセージとツナコーンの2種類のホットドッグを用意してくれました。

当日は大阪から乗って来たCPAOのキッチンカーを、ボランティアの方にハロウィン仕様にデコレーションしていただきました。

チラシを持って子どもたちに声をかけると、子どもたちが集まって来てくれました。

大阪から持ってきた自前のケータリングカー
大阪から持ち込んだCPAOのケータリングカー
ボランティアさんがその場で手書きの看板を作成
集まった若者・子どもたちにアンケート調査
野菜たっぷりのミネストローネ
野菜たっぷりのミネストローネ
大きなソーセージのホットドッグ


「毎日お菓子しか食べてない、1日食べない時もある」

そんな子どもたちも多く、おかわりをしたり、「野菜おいしい」とたくさん食べてくれました。用意したハロウィンのお菓子も好評でとても喜んでくれました。
食べながらたくさんの話しをしてくれて、心配な子には「何かあったら連絡してね」と連絡先を伝えることもできました。

「次いつ? 毎日して欲しい」

そう言ってくれた子どもがいました。
これからは、まずは毎月1回「まずは、ごはん!」として【10代向けの炊き出し】を提供し、ニーズの聞き取りを行っていきます。
そして体制を整え、今後もさらにサポートを続けていきたいと考えています。


このプロジェクトはあらかじめ予算立て出来たプロジェクトではなく、緊急サポートとしてスタートしたため、活動資金を《大阪マラソン》を通じて集めたいと思っています。

そこでCPAOでは、《大阪マラソン》を走ってくださるCPAOチャリティランナーの募集しています。
チャリティランナーを通したご寄付、これらの情報シェアや拡散でのご支援をくださいますよう、何卒よろしくお願いいたします。

■チャリティランナー・エントリーはこちらから【大阪マラソン公式】
https://www.osaka-marathon.com/2022/runner/entry/
 ※ランナー募集は終了しました。