12/20から始まったホットミールプロジェクトのクリスマススペシャルウィーク。

22日と25日もいつもに増して、豪華なごはんとなり、約120人分、子どもたちにお届けすることができました!

決して余裕があるわけじゃないシングルマザーの方からもとても立派な赤とピンクのイチゴ、海外からクリスマスラッピングのお菓子の詰め合わせ、

その他、ハムやソーセージ、チキンの照り焼き、野菜などなど、様々な方々からご提供いただいた食材、お気持ちをあますことなく、

調理リーダーの方のもと、ボランティアの方々が、特に今年はクリスマス会もできず、残念に思っている子どもたちに少しでも喜んでもらいたいと毎回、本当に心を込めて作ってくださいました。

それを遠方の方々には、クール宅急便で、25日は50食をクリスマスが終わるまでにと、様々な方々から託された、あたたかい気持ちとともに、スタッフが子どもたち、保護者の方々に手渡しに行きました。

第一便は16:30から、第二便は18時から車でまわり、最後は21:30になってしまったのですが、、すべてお届けすることができました。

豪華なごはんと、子どもたち、シングルマザーの方々にも心ばかりのプレゼントを合わせて届け、また、CPAOのイベントで毎回やっている、お菓子のつかみ取りを、子どもたちにやってもらいました。

「一番多くとれた上位3位には商品があるよ!」と伝えると、みないつものように必死!「〇〇ちゃんは、何個だったよ」など会えない子どもたち同士をつなげたいと伝えると、「よーし、負けへん!」、「景品なに?」、「ナイショ!」などやりとりし、子どもたちの笑顔があふれていました。

様々、色んなことがあった1年、またまだ渦中の方も少なくありませんが、年末に子どもたちも保護者の方々にも、喜んでいただくことができました。

24日も今年最後の、支部橋本市ではたけ部の方々が、野菜を収穫してきてくださいました。
27日も今年最後の通常のホットミールプロジェクトのお弁当をお届けすることができました。

今年最後は、恒例のお節づくりです。
12/29〜31にボランティアのみなさまが、お雑煮やお鍋の材料なども合わせ、作ってくださり、元旦にお届け予定です!

合わせて、12/29〜1/3までは年末年始のお泊り会の予定です。様々相談も途切れることなく届き、今年はコロナ一色で振り回されっぱなしでしたが、永遠に続くわけではありません。CPAOには、心ある方々がつながってくださっています、これが希望です。

年末年始もまだまだ活動は続きますが、つながりながら、楽しみながら、地道に続けていくしかありません。

子どもたちのニーズに応えていくために、引き続き、ともによろしくお願いいたします。
2020.12.28