『われらの子ども』読書会のお知らせ

CPAOでは2013年の活動当初から毎月やっていた勉強会を復活させています。

その2回目となる今回は読者会の予定です。

私たちのキャッチフレーズは「子育ちをサポート!」。

子育ちを社会化することで、貧困や虐待といった問題を解決していきたいと活動を展開させてきました。

今回は、アメリカの子どもたちのケースから凄まじい格差社会を論じた『われらの子ども』(https://www.sogensha.co.jp/special/ourkids/index.html)
を読み、さらに参加者のみなさまと、しんどい状況に置かれている子どもたちに何ができるのか深めていきたいと思います。

本を事前に読み、当日も本を持参いただき、参加している人が読んで何を考えたのかをシェアする場にしたいと考えています。

家族・育児・学校・コミュニティといった各章を一つずつ丁寧に意見交換しながら進めていきたいと考えています。

ファシリテートしてくださるのは、桃山学院大学の准教授をされている白波瀬達也さんです。立命館大学の准教授をされている石田賀奈子さんもゲストでお越しくださいます。

子育ちの社会化に関心のある、生野区に関係する方を中心に、先着15名までとなります。ぜひ、みなさまご参加ください。

〈開催概要〉

○日時: 12月21日(土)
第1部 14:00〜15:30 生野まち歩き JR鶴橋駅 中央口改札前集合 鶴橋市場〜コリアタウンなども巡りながら、会場に向かう予定です。
第2部 15:30〜17:30 読者会@えほん屋
第3部 17:30〜19:30 懇親会/ごはん会by CPAO kitchen *CPAOの支部橋本市で子どもたちとつくったり採ったりした野菜や里山の恵みをおすそ分けする形のごはん会の予定です。

○会場: えほん屋 大阪市生野区田島1-1-9

○参加費: 1.000円 ごはん会2.000円

○申込み方法: info@cpao0524.org まで、お名前、人数とごはん会に参加希望される方はお知らせください。*先着順とさせていただきます。