「心ある人がつながることで、
さらなる問題解決のアクションにつなげていきたい」

一人ひとりがつながり、好きなこと得意なことを持ち寄り挑戦する。
心ある人がつながり、ともに社会に挑戦する人が一人でも増えることを願っています。

※団体側の人手に限りがあるため、現在、個人の方に関わっていただける支援については以下の内容のみ受け付けています。

法人の方へ

食品食材、生活必需品などを寄贈する

食品や食材の寄贈、
ホット・ミール・プロジェクトへのお弁当の提供

「食」を通してつながりを作るCPAOにとって、食品や食材の支援は、活動を行っていく上で欠かせないものです。いただいた食品や食材は、調理だけでなく、各ご家庭へ食料支援としてもお届けされます。
また昨年よりスタートしたコロナ対策事業の「ホット・ミール・プロジェクト(宅食)」へ、お弁当やおかずをご提供くださる方を現在募集しています。

衣類、生活必需品などの寄贈

主に女性と、小学生の子ども向けの生活用品のご提供をお願いしています。
子どもたちの中には、季節外れの服や、擦れて穴の開いてしまった靴を履き続けている子もおり、子どもたちが喜ぶような特に小学生向けの衣類や靴を募集しています。また利用者は女性が特に多いので、女性向けの生活用品などご提供くださる方を募集しています。

内容のご相談も受け付けています

現在必要としている食品物資

2021/11/1更新
長期休みに向け、お米と小学生の子どもたち向けのお菓子を特に募集しています!
・子ども用のおやつ(流行のキャラクターもの、スナック類、ゼリー、チョコなど)
・子ども用ジュース
・小中学生サイズの靴(~23cm)、小学生サイズの衣類(~150cm)
・文房具
・お米
・パスタ、乾麺、パン
・レトルト食品
・食材の缶詰、フルーツの缶詰
・調味料(醤油、砂糖、カレー粉)
・ティッシュ、トイレットペーパー
・洗濯洗剤、食器洗剤、トイレ洗剤
・生理用品
・基礎化粧品      

食品は《賞味期限が明記されており》《期限まで2ヶ月以上あるもの》を募集しています。封の空いた物は受け取りができませんのでご注意ください。

講演会を開催する

「子どもの貧困」に纏わる社会的課題をみなさまにぜひ知っていただきたく、講演の機会を探しています。社内講演会、研修会やフォーラムなど、ご検討中の場があればお問合せください。
私たちが解決したいと思っている社会課題や、団体の活動そのものにご興味いただける方を募集しています。

講演料金目安 移動込み、半日拘束まで 10万円 ※旅費発生の場合は別途ご負担ください。

SDGsへのCPAOの取り組み

SDGs(持続可能な開発目標)は、2015年9月に国際サミットで加盟国の首脳たちにより採択された2030年までに持続可能なより良い世界を目指すための国際社会共通の目標です。

CPAOの事業は
・目標1「貧困をなくそう」
・目標2「飢餓をゼロに」
・目標3「すべての人に健康と福祉を」
・目標11「住み続けられるまちづくりを」
に該当します。

個人の方へ

ボランティアとして参加する

CPAOでは多くの活動がボランティアのみなさまによって支えられています。
事前に座学の講習をご受講いただき、課題図書のレポート提出後に活動参加となります。どちらも必修となりますのでご注意ください。
ボランティア説明会で受付を行います。説明会への参加を希望される方は、エントリーフォームよりお申込みください。
(※感染防止の観点から現在は説明会の開催を見合わせています。)

つながった人の声

子どもの貧困は将来にわたっての社会問題です

濃添敬造さん
大阪鶴見ロータリークラブ 2020-2021年会長

この20年で貧富の差が拡大し、コロナ禍でその傾向が顕著になっています。とりわけ子どもの貧困は将来にわたっての社会問題です。貧困の連鎖を放っておくことはできません。
私たち、鶴見ロータリークラブは社会奉仕を追及する団体です。いつもどんな奉仕ができるかを追求していますが、今回会員からの推薦でCPAOさんとお会いすることができました。CPAOさんのご活動に敬意を表し、応援できればと考えております。

CPAOの活動を支える企業・団体のみなさま

お問合せ

食品・物資の寄贈や寄付に関するお問い合わせ、
講演・取材のご依頼、社内で検討される際の資料請求などは
こちらのフォームをご活用ください。